top of page
検索

2022年のご報告

更新日:2023年1月10日



本年はBANSO-COをご利用・ご支援いただき、誠にありがとうございました。


2022年は、創立1周年を無事に迎えることができ、活動の幅を広げることができた年でした。2022年の新しい取り組みを以下にご報告いたします。



【サービス編】


\法人向けサービス開始/

個人向けサービスに加えて、1月から新たに法人向けサービスを開始し、以下の5法人に導入いただくことができました。法人への導入に関しては、NPO法人ETIC.が企画・運営する社会起業塾イニシアティブ2021年の本科プログラムに多大なご協力をいただきました。

その他1法人


"ジュニアばんそうメイト"は、ばんそうメイトと同様、有資格者でセッション実施に必要なスキルはありますが、より質の高い予防的支援を行うために研修を受講中の専門家です。1回(45分)1500円でセッションをご提供しております。


スポットメイト制度の開設/

メンタルヘルスだけでなく包括的な支援を行うために、ばんそうメイトの専門分野以外のサポートを行うスポットメイト。現在はファイナンシャル・プランナーと管理栄養士が在籍しています。今後も助産師など、さまざまな専門家に参画いただく予定です。


\コラボ商品の販売開始/

『育児に奮闘しているママやプレママ(妊娠中の女性)に、毎日を健やかに過ごしてもらいたい』という想いから生まれたWisteria Coffeeとのコラボ商品「オンライン相談体験付きコーヒードリップバッグ(デカフェ)」の販売を開始しました。今後もどんどんコラボ商品を出していく予定です。



【事業編】


\実証事業への参画/

2つの自治体による実証事業プログラムに採択いただきました。

「多摩イノベーションエコシステム促進事業」リーディングプロジェクト「子育て世代を対象とした心と体のトータルケアサービスの検証」では、多摩地域の医療機関、自治体、保育園などご協力いただき多摩地域の子育て世帯の心と身体のトータルケアを実施中です。


文京共創フィールドプロジェクトでは、「メンタルヘルスケアで中小企業を元気に!客観的評価システムとオンライン支援で早期発見・不調予防」をテーマに、東京都文京区の3法人にご協力いただき、従業員の方にサービスを無償で提供しております。

その他1法人


\事業連携/

心と身体のトータルケア実現、産前産後の方への支援充実に向けて事業連携をさせていただいております。


\メディア掲載/

各社メディアに弊社の取り組みを掲載していただきました。


\イベント登壇/

複数のイベントで、当社の活動に関する紹介や研修をさせていただきました。

GIFT&ACTION:これからの企業・個人に求められるソーシャルアクション

メンタルヘルステックの今と未来 〜メンタルヘルステックについて考える〜


\イベント出展/

対面でのイベントに参加し、子育て相談会やカフェインレスコーヒー(Wisteria Coffeeとのコラボ商品)の試飲会を実施しました!

NECカラダケア主催「カラダとココロの産前産後ケアサービス」@ららぽーと豊洲

子育てパレット主催「オレンジリボン&ドットリボンママフェスタ」@足立区都市農業公園


\研究事業への参画/

中嶋貴子准教授(大阪商業大学:研究代表者)が行う大阪商業大学共同参画研究所の研究プログラムに協力しました。

藤原武男教授(東京医科歯科大学:研究代表者)が行う革新的自殺研究推進プログラム(領域1)に共同研究者として参画しています。



このようにサービスや事業を展開できたのは、これまでメンバーとして関わってくださっている方々、外部アドバイザーなどの立場から真摯にご相談に乗ってくださった方々、ETIC.社会起業塾やその他のプログラムやビジコンで知り合った方々、そしてクラウドファンディングでご支援いただいた方々…皆様のお力添えがあったからです!

本当にありがとうございました。


皆様にとりまして、素敵な年末年始になりますことを、BANSO-CO一同心より願っております。



■この記事に関するお問い合わせ先

株式会社BANSO-CO

タグ:

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page